scrapbook2

2023年02月

土曜、仕事帰りに川へ寄り道。
大きなバチ抜けは終わったろうから、バチ抜け後の様子を見に行ってみました。

良型は動いたとしても小型は付いているんではないかと。

冷たい風がまともに吹き付け、寒い夜です。
さすが翌朝は氷点下2度の予報だけのことはありそう。

こんな状況なので雰囲気は良くないですが、
230225_1
出てくれました。
54㎝と小型ですが、反応があるだけでも嬉しいです。

230225_2
さらにサイズダウンして45㎝ほど。
これは初ルアーでの釣果だったので、サイズはあれですがルアーの使い方としては参考になる1匹となりました。
今後生かせそうです。

予定時間が1 時間ほどだったので、この2匹で終了。
さすがにまだ2月、寒い日は寒いですね。

祝日も仕事がありましたが、夕方には出撃できました。
潮位のタイミングからバチ抜け起こりそうなため、川へ出向いてみました。
今年初シーバス狙いです。

出撃前にちょうど発注しておいたルアーが到着。
DSC_1258
上のVATISSA93Fです。
間に合ったので試せます。

下はmyバチ抜け定番CALM80。
サイドの塗装が剥げてクリアボディになってしまっています。


明るいうちから入りましたが明るいうちは無反応。

暗くなってくると、出てきました。
P2230517
ニョロ。

と徐々に水面に反応が。

本日のお試しルアー、VATTISAを投げていると
230223_1
45㎝ほどのセイゴの親分登場。
水面の反応はシーバスで間違い様子。

小さなサイズが入っているのかなと思っていると
230223_2
次いできたのは72㎝。
良いサイズもいるようです。
初ルアー、なかなかいい仕事してくれます。


ここまで流れが弱かったのですが、
流れが強くなってくるとルアーへの反応がなくなってきました。
魚の方はけっこういる様子なんですけどね。

フローティングだと厳しいと判断して、
少し入れるためにCALMへ。

すると反応が出始め、
230223_3
68㎝。

230223_4
82㎝。
これは掛けたときはさほどでもないと思ったのですが、
寄せてきたらいいサイズと判明。
水温が低いので引きが弱いのです。

230223_5
58㎝。

230223_6
71㎝。

このあたりで水面のモジリ等はほとんどなくなり静かになってきました。

そして静かになった中で
230223_7
80㎝登場。

そのあと、2バラシ。

まだ粘れば出そうな感じもありましたが、帰宅予定時間になったので大人しく撤収。
久々の釣りで疲れましたしね。

新しいルアーで釣れて良かったです。
ちなみに他のバチ抜けタイプもいくつかローテしていたのですが、釣れたのはこの2種でした。


いろいろあって前回釣行から釣りに行けておらずです。

一度、新しい竿を購入して喜んで行ったのですが、
一投もしないうちに折るということがありましてしょげて帰還してきました。
ただいま、修理に出しています。

DSC_1259
いろいろ準備は整えているのですけどね

このページのトップヘ