scrapbook2

奥さんが車を購入。
車慣れするために海沿いドライブに出かけてきました。
ちょっとだけ釣りをするのを予定に入れたのはいう間でもありません。

様子を見たかった場所その1へ。
なんだか水がよどんでいますね。
フグが凄まじい数います。
5分ほどで次へ。

一番試したかったところは人がいたので、
ちょっと離れたところでチェック。

おっ、魚の気配ありです。

ほどなく
210725_1
本命キャッチ。

いることがわかったので、この1匹で終了。
なにせ「ちょっと」と言っておいたので・・・


さて、この釣りで新しい竿を買おうかと迷っています。
今のロッドも遊ぶにはとても楽しいのですが、
状況によっては掛け損ねることが多いのです。
渋い時の掛け損じは悔しいですからね。



金曜夜に出撃してきました。
なにやら台風が来そうですので、波が穏やかなうちにと。

ところが最初に向かったポイントはうねりが入っていて厳しい状況。
潮位も上がっている時間帯だったので、諦めて次の場所へ向かいます。

向かった先は今年初狙いの場所。
今日のうねりの向きであれば釣りになる場所です。

始めてしばらく経つもののフグの攻撃もなく静かなものです。
シーバスからの反応もなし。
メバルもぼちぼち終盤なので、動きがあったかもしれません。

そうは思いながらも可能性を探っていると、
ようやく初反応。
さほど強い引きではないですが、本命っぽい魚の感触。
210723_1
やはりこの引きの感じは尺に届かないサイズ。
29㎝でした。

ともあれ反応が出たのはモチベーションアップです。
同様のポイントを攻めていくと再度バイトあり。
かけられませんでしたが、居場所の雰囲気は特定できてきました。

そして、
210723_2
33㎝をキャッチ。
途中の根に潜られてヒヤリとしましたが上手く出せました。

その後はバイトもなく終わりとなりました。

とりあえずしばらくメバル狙いは続けますが、
ボチボチ夏の魚を狙ってみたいと思います。


海が穏やかなうちにと、平日短時間釣行へ。

開始早々バイトが出ますが、
なんでしょう、メバルでない感じです。
当たるけどのらない・・・フグでもない感じ。
アジなら掛かりそうだし・・・

時折そんなバイトが出ながら、ようやく本命のようなバイト。
いい引きに耐えているとフッと軽くなってしまいました。
回収すると針が伸びておりました。
掛かりどころが悪かったですかねぇ。

その後、謎アタリの正体が判明です。
210719_1_1
ウミタナゴ。
バイトはあってもかからなそうな相手です。
確かルアーでは初魚種だったと思います。
そういう意味では嬉しい1匹。

続いては、
コツッ。謎アタリとは質の違うかすかなアタリ。
本命きたかと思いましたが、直後に跳ねている姿が。
そちらさんでしたかの
210719_2_1
シーバス55㎝でした。


短時間の予定だったので続けたいところでしたが切り上げです。
なにせ、睡眠不足が厳しい今日この頃なので、

以前は睡眠不足なんて全く問題なかったのですが、最近はダメですね。
短時間では起きられなかったり、眠さが止まらなかったり、年相応にきてます。

金、土と出撃して日曜も行ってきました。
今週より仕事が夏シフトになり動きにくくなるため、この週末は行っておこうと考えてましたからね。

海の方は波は穏やかと言えますが、時折大きなうねりがきます。
今日は上げいっぱい前から入りました。

まず魚探しからスタート。
相変わらずフグの反応が多いです。
今年はどこに行ってもこれにてこずってます。

ざっと探っても本命のようなバイトはないので、
レンジを変えてみます。

すると何かフグとは違う反応が来るように。

何か来たんですが、本命とも違う感じ。
210718_1
正体はクロダイ。

どうもメバルの反応がないので、少し移動です。

しかし、こちらはフグの反応すらなし。
もう少し何かいてもよさそうなのですが、いつもいるというよりタイミング次第の場所といえそうです。
しばらくやって、下げに切り替わってから元の場所へ。

下げになったので、もう一度探り直し。
レンジを変えているとようやく本命らしきがきましたが、バラシ。
ちょっと小さめの感触でしたが、反応をくれただけよしとしましょう。

続けて同サイズが来た感じ。
210718_2
26㎝とちょっと小ぶり。
とりあえず本命がきたのでほっと一安心。
釣り方がつかめていなかったので、助かります。


続いては狙い通りの場所でヒットさせるもあと少しのところでバラシ。
これはなかなか強烈な引きで、尺サイズは決定。
むちゃくちゃ凹みます。
バレた理由がスナップ。ツメのかかりが甘かったんでしょう。
伸びてました。
良く見ておけば防げたバラシだけに、余計に悔やまれます。


このままでは終われないので、気合入れます。

で、
210718_3
意地の一撃です。
引きが少し軽かったので、小さいかなと思いましたが、
32㎝でした。


おまけ、
210718_4

おまけを釣ったところでタイムアップ。
まだ釣れそうでしたが、明日は仕事なのでほどほどに帰還です。

さて、連戦です。
ここ2週は雨で行けなかった場所へ行ってみました。

夕方は海風が強め。
だいぶ流されます。
加えて完全に暗くなるまで、フグの猛攻。
暗くなってからもフグバイト止まらず。

メバルが浮いてくるのを待ちながらしのぎます。

結構時間が経って、ついにフワッとしたバイト。
ようやく本命のバイトです。
竿をたてるとなかなか強烈な引き。
近くまで寄せて姿を確認すると良型メバル確定。
が、次の引き込みの時にフッとテンションがなくなり・・・バラシです。

昨日はフックを伸ばされたのでジグヘッドを変えてみたんですが、
裏目に出ました。
バラシの原因はフック折れ。
これまで尺を釣っても折れたことのないフックではあったのですが、
若干心もとない感じではあったんですよね。

フックを変えて再戦。
210717_1
今度は無事捕獲。
32㎝。

メバルの反応が良くなってきました。

しかし、それから連続2バラシ。
どちらもいいサイズだったのですが、しくじりまくり。
これですでに3バラシです。

気を取り直して、
210717_2
なかなか強烈な34㎝でした。
丸々として重量級。
重々です。

ばらした数だけは釣ろうと粘って、
210717_3
28㎝を1匹追加。

おまけでシーバスもきましたが、そちらは抜き上げでバラシ。

昨日に引き続き、肝心なところでバラシが出てビミョーな釣行となりました。
バラシ3、キャッチ3でなんとか五分にできたのが救い。



海がいい感じのようなので、久しぶりに平日釣行です。

波高は落ち着いてますが、うねりの方向が釣りにくいパターン。
場所を移動するほどの時間もないのでとりあえずやってみます。

こういうときは狙いどころが絞られてしまうので、その狙いどころに魚がいてくれるかどうか運次第というところでしょうか。

数投目でモサッとしたバイト。
良型のアタリです。
どうやら狙いどころにいてくれた様子。

けっこう引いた本命は、34㎝。
結果が出たので一安心です。
210716_1


それからすぐにまた来ました。
210716_2

今度は30㎝。

210716_3

続いて、29㎝。


このあとしばらく反応が途絶えていたのですが、細かく狙っていると来ました。
軽いバイトに合わせを入れると、メバルっぽい引き。
が、その後強烈に引き込まれてしのいでいたらフックアウト。
回収したフックが伸ばされておりました。
メバルっぽい魚に針を伸ばされたのは初めてです。
かかりどころが悪かったのか、それともメバルでなかったのか・・・
前々回にもいいサイズをばらしましたが、またです。

気を取り直して、粘って追加を1匹。
210716_4
29㎝。

もう明るくなってくる時間になったので、そこで終了としました。

前回の釣行から早2週間。
先週は海が荒れたり、急な仕事だったりで上手く動けずおりました。

土曜は出撃していたのですが、海を目の前に雷雨で動けず。
結局竿を振らずに帰還して、翌日リベンジマッチとなりました。

先日の場所にも行きたかったのですが、
雨を考慮して昨日の場所へ。
ここも初ポイント。
凄くいいポイントとはいえないのですが、気にはなっていた場所です。

薄暗くなってきたころからスタートして、
すぐに反応あり。
なにかがバイトを頻繁にくれます。
サバかアジって感じです。

210711_1
唐揚げサイズのアジでした。
それなりの数が入っているようです。

完全に暗くなると違うバイトが出るように。
フグの猛攻。
やってられないぐらいです。

プラグにかえると、
210711_2
今度はシーバス。
頻繁にあたります。
フッコの群れが入っている様子。

7、8匹かけて、キャッチしたのは1匹というお粗末さ。
釣りはしやすいのですが、ちょっとした取り込み難所なのです。

さて、アジ、シーバスとくればメバルもいそうなもの。
なんとか釣っておきたいところです。

時折、シーバスやアジの反応が出ていた中で、
それまでと違った引きが。
あまり大きくはない感じですが、これは本命でしょう。

210711_3
尺足らずの29㎝でしたが、居てくれたのが収穫です。

その後は本命出ず。
2、3匹出れば期待感も高まるところだったのですが、残念。

釣り方の問題もあったので、また試してみようと思います。


今回は初ポイントへ修行モードで行ってきました。
居なくはないよねって場所ではあるはずです。
居なくはないけど、狙って釣れるのかってところです。

夕方、暗くなる前から入って下見。
悪くはないですが、若干濁りがあってよくわからないところもあり。
暗くなるまでは全く反応なく、粘れるか心配なところもあります。
足場が想像以上に悪く、これもし掛かってからとれるのか?という不安も。

完全に暗くなってから何やらバイトめいたものが数回。
そのあたりに再度探りを入れると、
ホワッとした小さなバイトが。
なかなかいい引きの魚がきました。
210626_1
初ポイント、最初の1匹が尺。
いなくはない予想が当たってホッとしました。

続けて周囲を探ると先ほどより強烈なのがきました。
引くし重いし・・・
良型のムラソイかとも思いましたが、一度浮かせてメバルと確認。
しかし、最初懸念した取り込みでバラシです。
1匹目より良型だったので凹みます。
でかかったなぁ。

気を取り直していきます。
バイトの出るパターンがつかめてきたので、釣りやすくはなってきました。

で、またなかなか強烈なのがきました。
やはりアタリは小さめです。
210626_2
34㎝でした。
さっき逃した1匹が余計に気になります。

また似たようなパターンとバイトで。
210626_3
マッチョな32㎝。
重い1匹でした。

そのほか、いろいろやらかして数発バラシ。

初ポイントはなかなか期待以上の感じもありますが、
何度かやってみないとわかりませんね。

他にここの近くで気になる場所があるので、
今度はそちらを探索してみようかと思います。




行ってみたんですけどね。
かなりの強風でした。

1匹のみです。
210617_1

上手くポイントをトレースできずにあと続かず。
どこ投げてるんだかわからん状態で、釣れただけ良かったです。



海が穏やかそうなのでメバル狙いで出撃してきました。

しかしですねぇ、海が暴れていました。
移動も考えましたが、平日釣行のため短時間しかできないのでとりあえずそこで。


早速2投目でヒットです。
跳ねてます。
210615_1
この波具合だとこの方日和ですね。

そして、その後は本命のあたりもなく、
1時間もやらずに終了となりました。

なかなか粘れる状況ではなかったです。
波高以外のデータをきちんと見ていなかった失敗例。



このページのトップヘ