scrapbook2

旧ブログは2007年からの利用開始でいつの間にか10年経っていたんですね。

そちらの内容をこちらに引っ越しつつ再整理。
掘り越したものをこちらに載せていければと考えています。
当時使っていたものが今はどうなったとか、振り返れるかと。

昨年の11月ごろふとそれまで使っていた3.5mのネットがないことに気づきました。
心当たりを探したもののやっぱりない。
どうやらどこかに置いてきたらしい。

しばらく別の4.2mネットを使っていましたが
冬に回るポイントではやはり3.5mが使い勝手がよろしい。
そんなわけで3.5m再購入となりました。

まずシャフトですが、3.5mぐらい。
なるべく仕舞寸法が短いもの。
価格は1万ぐらい。

こんな条件で探すとあまりないんですね、3.5mって。
結局、以前と同じバレーヒルのシャフト(仕舞寸法42㎝)かジャクソンのトリックスターが候補に。
トリックスターは旧モデルが3.6mで、新モデルが3.8m。
仕舞寸法で3~5㎝、バレーヒルのシャフトより長い。
この辺がいまいち気になって、結局前と同じバレーヒルのシャフトを選択。

セットの丸型45㎝枠モノフィラネットは最初から使う気がなく、
別途42×35のオーバルラバーコーティングネットを用意。
(初代では39×35オーバルを使用していましたが、少し大きめに変更)
少し大きめにした理由は暗闇で少しでもすくいやすくするため。
またモノフィラネットよりラバーコーティングネットの方がいろいろ都合よく快適だから。

またコンパクトにするためにジョイント必須。
これまで
昌栄フレックスアーム
プロックスタモジョイント
タナハシフリックジョイント(初代3.5mはこれでした)
P1010620
を使ってきましたが、今回はまた別の物を試してみました。


メジャークラフトのランディングアーム。
P1050069

ここまで数回使いましたが、悪くはないです。
プロックスよりは使いやすいですね。
もたつき感はないです。
素早く出すという点ではフレックスアームやフリックジョイントの方が好きですが、
トータルバランスは及第点です。

さて、それらをセットした状態がこちら。今度はなくさないように気を付けよう。
P1050072




ホームページ更新しました。

個人的な記録目的が主なので、ゆるくやっていきます。
まだリンクページがつながっていないものがありますが、旧釣行記は徐々にアップしていきます。


旧ブログはしばらくそのままで
この新ブログにはざっくり釣行記録(詳しくは釣行記にて)と道具のことなど載せていこうかと思っております。

このページのトップヘ