scrapbook2

先週末も結果はセイゴ。

用事の関係で土曜だけの予定でしたが、日曜も雨降り前まで釣りができました。

土曜はちょっと調査気味の釣行になりました。
収穫はありです。

190413_1


日曜はセイゴのおかげで考えが深まりました。
190414_1
ずっと気になっていたマッチザベイトの概念をアップデートできました。
ルアーの面白さを改めて実感です。


うーん、昨日の状況で試しておきたかった・・・



金曜に1年に1、2回あるかないかの平日早上がりができました。
川直行です。

先週魚はいるけど食わせられなかった場所へ。

今回は反応が出ます。
昨日仕入れておいたルアーが吉とでました。
190405_1

が、小さい。
本日もセイゴサイズのみ。



続いて日曜。

まだ明るいうち、最初のヒットはナマズ。
ばらしてしまいましたが、面白いヒットシーンでした。

そうこうしていると本命からの反応が出始めます。

190407_1

またしてもこのサイズ。
ちなみに確実にそれなりのサイズがいるのは間違いなし。

ちょっといいサイズも反応くれましたが掛けきれず。


またもセイゴサイズで終わりとなりました。


次回はスズキサイズを釣りたいですねぇ。


土曜は夜雨の予報だったので、夕方ちょろっと川へ。


暗くなる少し前から活性があがりはじめ、けっこうあたってきます。

190330_1

このサイズですけどね。

もうちょっとサイズアップを期待しましたが、かなわず。
1時間ほどやってセイゴ10匹でした。



日曜は別のポイントへ。
暗くなる前から雰囲気があります。
魚はいますね。

が、
190331_1

スモール1匹で終了でした。



冬眠から目覚めました。

出撃再開です。


夕方に満潮、大潮ということでバチ抜けに期待して川へ。

バチ自体は見えませんが、そういう雰囲気が魚の動きに出ています。


細身のプラグを選択すると反応が出ます。

190324_2

セイゴサイズでしたけどね。

自分ではなく相方なんですけどね。
昨日病院でインフルと診断されてまいりました。

そんなわけで、この土日は外出控えてます。
来週は土日とも出勤なのでなかなか出撃タイミングがとれずです。

新調しました。

柄の部分はこれまでのもので、フレームとネットを交換。
丸フレーム(直径45㎝)からオーバル(長さ55㎝、最大幅40㎝)へ。

DSC_0542
プロックスのサイズ40ってフレームです。

DSC_0550

ウェーディング時だけでなく足場の低いポイントで使用していましたが、
護岸などではあとちょっと長さが欲しい場面があったので10㎝長くなったのは良好です。
もう一回り大きいフレームも考えましたが、保管等も考えこのサイズに。

このところ休日出勤続きで思うように釣りに行けておらずです。
平日もなんだかんだと忙しく・・・


去年から考えていたタックルを購入してみました。

DSC_0546

今年はこれで何かしら釣りたいと思います。

ロッド:テイルウォーク ソルティシェイプダッシュショアジグ100XH
リール:ダイワ 18カルディア LT 5000D-CXH


本年もよろしくお願い致します。

年末は30日まで仕事で年始は2日から仕事。
で、年末年始の釣行は30、31、1日と。

30日は
181230_1
うねりに負けそうでしたが、
かろうじて。

釣り納め、31日は。
181231_1
オウゴンムラソイ。

181231_2
年内のしめはドンコちゃん。

メバル狙いだったんですけどね・・・

30、31日はあろうことか防寒着を忘れるという失態を続けてしまい寒さに負けました。
短時間で切り上げでした。

30、31日とも違う場所だったんですが、
1日も違う場所に行ってみました。
190101_1
今年の初物はクロソイ。36㎝。
他は小型のメバルのあたりがあったくらい。

今年も行ける時にはなるべく釣行しようと思っているのと、
これまであまりやっていなかった釣りに挑戦しようと目論んでます。
タックル買わなきゃなぁ・・・



思うように釣りに行けてません。
この連休も日曜に出撃したのみでした。

昨日の獲物はこちら。
181223_iso

タコルアーの在庫が不足してきたので補充。
タコノセールがお気に入り。
DSC_0519




最近あれこれ狙いものに悩むのですが、
今回はワカサギ。
1、2回は年内に行っておこうと思っていたので行ってきました。

しかしですねぇ、
激渋でした。
なんとかこれだけ。6匹です。
181208e1

常連さん曰く、今日はダメだねとの状況。
ハズレ日だった模様。
でも、もうちょっとやりようもあったのでそれを実行しなかった自分のせいですね。

もう1回は行くようかな。

このページのトップヘ